The First, Core
Technology 世界初のマイクロニードル製造技術「DEN」

薬物送達システム

これまでの薬物送達技術の限界

  • 77,000万人 注射恐怖症

    生物学的製剤のほとんどは注射で投与しますが、全世界の10人に1人は注射恐怖症のため治療の際、大変苦しまれています。

  • 6.6兆ウォン ワクチン流通経費/年

    ワクチン・バイオ医薬品・生物学的製剤などは、冷蔵または冷凍して流通するため流通経費が高いだけでなく、交通インフラが整っていない開発途上国に医薬品を安全に供給することができません。

  • 130万人 死亡/年

    患者の血液によって汚染された注射の針は最も危険な医療廃棄物です。汚染された注射器による感染によって毎年130万人が死亡しています。

これまでの経皮送達の限界を克服した新発想の薬物送達システム

無痛の注射器とも呼ばれる溶解性マイクロニードルパッチは、経皮送達システムの一種であり、蚊の針ほどに薄く細い構造体を肌に挿入して薬物を効率的に浸透させるという方法です。これまで使われてきた注射器の短所である痛みや肌の損傷はもちろん、注射器による感染や恐怖心、拒否感などを解消した 新発想の薬物送達システムです。

この方式は皮膚組織を通じて薬物を浸透させるので、飲み薬のように胃腸内のpH・酵素・食べ物・胃腸の運動などによって薬物の吸収が妨げられることがなく、使用方法が簡単で便利な上に長時間連続して投与できて血中濃度を調節しやすいというメリットがあります。

Jan D. Bos and Marcus M. H. M. Meinardi et al. Exp. Dermatol, 9. (2000) 165-169)

パッチ型無痛注射溶解性マイクロニードル

溶解性マイクロニードルパッチは、蚊の針ほどに薄く細い構造体を肌に浸透させ薬物を効率的に伝達する方法です。新発想の薬物送達システムであるマイクロニードルパッチは、パッチの手軽さと薬物の投与において効率の高い注射器の長所を結合したパッチ型無痛注射であると言えます。

マイクロニードルの特徴

  • 固形製剤
  • 高分子の物質も
    伝達できる
  • 常温での保管及び
    流通に便利

溶解性マイクロニードルの中にDNA・ビタミン類・ホルモン類・ペプチド類など様々な有効成分を配合することができます。マイクロニードルによって固形化された有効成分は、肌表面から浸透して肌の奥深くまで効果を最大限に伝達します。

溶解性マイクロニードルの長所

使用しやすい
  • 携帯に便利
  • 食餌とは関係なく使用できる
  • どんな患者でも気軽に投与できる
副作用が起こる可能性が低い
  • 経口服用による消化器系の副作用が少ない
  • 注射による2次感染を予防できる
無痛製剤
  • 皮膚に貼る無痛パッチ
  • 注射恐怖症の方でも使用できる
  • 子どもや高齢者でも使用しやすい

加熱しないで5分以内に製造DEN 製造技術

有効成分の損失や変形を防いで素早くマイクロニードルを製造するRAPHAS独自の
DEN技術

RAPHASは独自のDEN(Droplet Extension)技術を有する会社です。

DEN 製造過程

パッチの上に有効成分で構成された液体の粒(Droplet)を落とし、反対側のパッチを接触させた後に伸ばして(Extension)マイクロニードルを成形します。その後、送風で固めてから分離します。このようにして上下2つのマイクロニードルパッチを同時に製造できます。
RAPHASの技術は他社の製造方法であるモールディング方式に比べて製造工程が単純で大量生産できるという利点があり、バイオ医薬品を配合するのに最適な世界唯一のRAPHAS独自の技術です。

DEN製造技術の優秀性

  • 製造時間 5分以内
  • 加熱工程 不要
  • 定量搭載 可能
  • 搭載容量 ~5mg
  • 応用性 工程を変更し
    やすい
  • 透過性 高い
  • 特許 2033年まで
    保護

マイクロニードルの核心技術の活用性